Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chii/okinawa-tabi.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 525

【那覇】ニライカナイへの祈りの場、海を見渡す崖の上に立つ「波上宮」

西武門

波上宮(なみのうえぐう)は、海を見渡すように崖の上に立っている神社です。

琉球八社のなかでも一番格式の高い神社とされており“ナンミン”の愛称で長年地元の人に親しまれていています。家内安全・所願成就・良縁祈願などにご利益があり初詣やお宮参り、七五三、神前結婚式など多くの場面で利用されています。

拝殿は美しい朱色で建てられていて、境内を見渡すと、いたるところで沖縄らしい木や色、作りが見られます。

拝殿

参拝の作法は沖縄独特の形式はなく、本土と同じです。

また、沖縄では狛犬ではなくシーサーが見守っています。

シーサー

拝殿のさらに奥には御嶽(ウタキ)があり、遥かかなた“ニライカナイ”(海の彼方 神の国)への祈りを捧げています。

ニライカナイ

この場所は普段は一般公開されてはいませんが、以前仕事で行った際に特別に案内してくれました。昔からの姿がそのまま残されて、とても神聖な場所という空気が感じられました。

参道の途中にある階段を降りていくと大きな広場が広がり、お正月には屋台が立ち並んでとても賑やかになります。

広場の奥の石畳を進むと、

階段

那覇市内が一望できる展望台があり、反対側には波上宮と海が見られます!

展望台

展望台に行く途中、タイミングが合えば那覇港に停泊している外国の巨大な豪華客船が見られることも(展望台の周辺は気が生い茂っているので虫よけスプレーをおすすめします)。

広場に戻りさらに階段を降りていくと人気の波の上ビーチがあります。

ビーチ

このビーチは那覇市内で気軽に行けるビーチとして地元の人に昔から親しまれていて、学校帰りに海に入りにくる子供たちも多くいます。沖縄らしい最も格式の高い波上宮、ゆっくり散策して神聖な空気を味わってみてはいかがでしょうか。

旅データ

関連記事

return top