Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chii/okinawa-tabi.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 525

【本部町】カラフルな魚がいっぱい!ダイバーとイルカのショーも必見の「美ら海水族館」

美ら海水族館

日本は海に囲まれた島国。それだけに全国各地にさまざまな水族館がありますよね。大きなところから小さなところ、そして有名なところや、人気あるところ・・・。

その中でも超有名な水族館といえば!やはり沖縄の美ら海水族館がそのひとつかと思います。ということで美ら海水族館へ行ってきました!

美ら海水族館外観

美ら海水族館は沖縄県中部の本部町にある海洋博公園内にあります。水族館のほかにも、大々的な野外イベントができる会場もあるようで大賑わい。

園内の地図

水族館までの至るところでも沖縄の雰囲気を感じ、それだけでもテンション上がります。南国ムード満点の植栽の中にシーサー。

シーサー

案内板の上にもシーサー。

シーサー

そしていよいよ入場です。美ら海水族館は海のすぐそば。入口はまるで海へと突進していくかのような構造です。その名も「海人(うみんちゅ)ゲート」この景色と空間を感じ、水族館への期待がますます膨らみます。

入口

そのまま下へと一気に降りていきます。

降りてるところ

入場するとまず「イノーにすむ生き物」がこんにちは。ヒトデやナマコなど沖縄ならではのサンゴ礁に囲まれた浅い海にすむ生き物を触ることができました。

ヒトデやナマコ

何とも言えない感触。しかもヒトデってジリジリと動いていくんです。大人になっても知らないことっていっぱい!へぇ。ほぉ。そういった感覚を味わうのも水族館の醍醐味です。

「イノーにすむ生き物」の次は沖縄近海の様子を再現した「熱帯魚の海」。

熱帯魚の海

美しいサンゴ礁、そして強烈な光が舞い込む岩場・・・。沖縄の海を再現した水槽の中のあちらこちらにカラフルなお魚がたくさんいます。

カラフルな魚

続いてマングローブが生えている浅瀬を再現した水槽。熱帯の雰囲気満点です。

マングローブ

そして押さえておきたいのが大人気、カクレクマノミ。

カクレクマノミ

この魚、本当に控えめ。いつも恥ずかしそうに隠れてる。でもそよぐサンゴからうっかり体がはみ出してます。そう目くばせすると慌てて隠れる・・・そんな様子に思わずこちらも微笑んでしまいます。

そしていくつかの水槽を見て回ったのち、いよいよメインの大水槽!

大水槽

そう、水族館好きにはたまらない空間です。そのなかでもゆったりと泳ぐマンタが私は一番好きです。いました!しかもかなりの数がいるのに驚きました。

また、美ら海水族館では沖縄のエメラルドグリーンの海を背景に素敵なイルカショーを観ることもできます。

イルカショー

私は水槽内で行われるダイバーとのショーを見学。ダイバーとイルカが水の中で繰り広げるパフォーマンスは、水上をジャンプするショーとはまた違ったおもしろさがありました。

ダイバーとイルカ

もし美ら海水族館に行くなら、併せてシュノーケルやダイビングもおすすめ。「あ、水族館で見た魚だ!」と興奮度倍増!!

私は翌日に機会を作ってシュノーケルに挑戦。わずか10分ほど沖に出ただけでそこは美ら海水族館そのものの世界が広がっていました。

今回はシュノーケルでしたがカクレクマノミを見ることができたし、ナマコを触ることもできました。またダイビングならポイントによってはマンタを見ることもできますよ。ぜひチャレンジしてみてください。

旅データ

  • 入場料:1,850円(4時からチケット:1,290円)
  • アクセス:那覇空港からバスで2時間15分
  • URL:https://churaumi.okinawa/

関連記事

return top